おまとめローンの審査は専業主婦でも通るのか?疑問を解決!

専業主婦でもおまとめすることは可能なの?

銀行系カードローンのおまとめローンなら専業主婦の方でも利用することができます。
消費者金融系ローンでのおまとめは総量規制が関係するのでそちらはあまりオススメできませんが、銀行系カードローンであれば専業主婦の方でもできるのでオススメです。

総量規制の対象外である銀行のカードローンを利用することにより旦那さんの同意や、婚姻関係を示すことがなくても借り入れすることが可能となっています。

多くの専業主婦が借り入れれる金額は30万ほどになっているところが多いので注意が必要です。

専業主婦が借りれる金額は小さくなりがち

専業主婦がおまとめローンを契約する場合、借入可能な金額は小さくなりがちであり、基本的には銀行カードローンやフリーローンを利用することとなります。

専業主婦の借入可能金額が小さいのは、本人に収入が無く、あくまで配偶者の収入を基に審査が行われていることが起因しています。

しかし、専業主婦の場合、貸金業者からの借り入れが出来ないため、消費性ローンによる借り入れ金額が少なく、30万円もあればクレジットカードのリボ払い分はまとめることが可能です。

そもそも、カードローンやキャッシングを利用出来ない専業主婦の場合、おまとめローンを利用する可能性が低いというのが実態です。

借入可能額が小さいというよりは、複数社からの借入手段がないということになります。

年収がポイントなので時々でもパートやアルバイトをしていれば借りやすい

おまとめローンの審査は、基本的に信用度や収入に応じて融資が行われるため、専業主婦であってもパートやアルバイトで少額ながら収入がある方が有利になります。

専業主婦の場合、根本的に無職と見做され、消費者金融のおまとめローンは利用出来ず、銀行のローン商材を利用することとなります。

年収100万円未満に収入を抑えている場合でも、収入がゼロよりは返済能力もあり、信用度が高いと判断されることになります。

結果、審査が厳しい銀行のおまとめローンでも融資を受けられる可能性が高まり、融資限度額が30万円以上を希望することも可能です。

実際に専業主婦OKのおまとめローンは?

実際に専業主婦がおまとめをしようと思うと借りられるところは限られてきます。

大手でいうと三井住友銀行やオリックス銀行のカードローンは借りられません。
逆にみずほ銀行や三菱東京UFJ銀行、りそな銀行などであれば借りれる可能性はあります。

銀行のカードローンでおまとめすることをはじめに考えるべきですが、無理そうであれば消費者金融のおまとめローンを利用してもいいかもしれません。

基本的には消費者金融のおまとめローンは収入がゼロの専業主婦は利用できませんが、配偶者貸し付けを利用すれば大丈夫です。
ただ、これは借り入れが旦那にばれてしまうというデメリットもありますのであまりお勧めできる方法ではありません。

専業主婦はいくらなら借りられる?

専業主婦がおまとめローンの審査を受ける場合、いくらまで融資を受けられるかというと、一般的には30万円が限度であり、金融機関によっては50万円までとなります。

基本的におまとめローンとして利用出来るのは、銀行のフリーローンやカードローンに限定され、配偶者の収入に影響されます。

しかし、専業主婦の場合、本人は無職であり貸金業者からの借り入れは出来ず、おまとめローンをする要因はクレジットカードの使い過ぎが挙げられます。
ですが、クレジットカードの利用限度額でさえ、収入に影響されるため、過度の借り入れ自体は非常に少ないものとなります。

そもそも、複数社のクレジットカード契約を行っても利用限度額が低く抑えられ、おまとめローンを利用するまでの金額に達しないというのが実情です。

ただし、結婚前に収入があり、クレジットカードやカードローンを利用しており、返済が苦しくなったというのは別です。
おまとめローンを利用するという考えだけでは完済できず、生活を見直したり、旦那さんへ相談するというのが先決であり、ダメな場合は債務整理を行うのが現実的です。

実際に契約出来るのは銀行のフリーローンやカードローン

専業主婦の方がおまとめローンを検討する場合、実際に契約出来るのは銀行のフリーローンやカードローンとなってしまいます。
専業主婦の場合は本人に収入が無いため、貸金業者が提供するおまとめローンを契約出来ません。

そもそも、専業主婦は貸金業者からの借り入れ自体が出来ないため、貸金業者からの借り入れだけおまとめする『貸金業法に基づくおまとめローン』を利用する意味がありません。

あくまで、融資を受けることが出来るのは銀行に限定されてしまい、利用目的も金利の高いクレジットカードのショッピングリボ払いに限定されてしまいます。

将来的に発生する利息の見直しは可能であるものの、元本自体が少ないため、総返済額の見直し効果は低くなります。
しかし、返済が一本化出来るため毎月の返済管理は、非常に行いやすくなります。