無職や失業中の人がおまとめローンの借り入れ可能かについて。

無職や失業中でもおまとめできるの?

無職や失業中の人でも借り入れは可能ですが、かなりハードルが高いです。無職でも専業主婦の人や主夫の人なら配偶者の方に収入があれば申し込み可能です。

また、無職や失業中の人でも、不動産収入などの一定の安定した収入があるという状態であれば、申し込み時に記載してみましょう。うまくいけば、それを職業にみなしてくれる金融機関もあるかもしれません。

無職や失業中の人たちが借り入れするためには最も重要で、手っ取り早いのは派遣社員登録をすることです。
そうすることで無職ではなくなりますし、収入を得る足掛かりになります。
もちろん登録しただけですぐに審査に通るわけではありませんが、2か月ほど給料をもらえば給与明細の提出もできるので確率は全く変わってきます。

ですのでまず、派遣社員として、労働者の身分を作ることが重要です。しかしこの点には問題もあります。電話での在籍確認に派遣元が応じてくれない場合があります。それに代わる確認方法が在籍証明書も勤務実績がなければ発効されない可能性があります。

ほとんどの金融機関は勤務年数も重要視します。登録してすぐに借り入れの申し込みでは審査に通らない可能性が高いです。少なくとも半年から1年は継続勤務期間がほしいところです。

アルバイトやパートでおまとめローンは借入可能

収入0でもおまとめローンを借り入れができる可能性があります。

他社から借入で現在延滞されている人や他社からの借入が年収の3分の1を超えている人、過去に延滞された事のある人や過去5年以内に債務整理、自己破産をされている人などに該当する方は、審査に落ちる可能性が高いです。

おまとめローンはアルバイトでもパートでも収入さえあれば利用できます。

借り入れできないケースとしては、ブラックリストに載っている、ローン・税金を滞納している、希望額が大きいすぎるなどあります。

アルバイトやパートの人は収入が不安定だと悩んでいるかもしれないので、ローンは素早く完済した方がいいと思います。

なので複数ある返済金融機関を一社にまとめてしまう方が、低金利で借りれるのでなるべく早く一本化にしてしまいましょう。

消費者金融から銀行のローンに乗り換えると、3%以上低くなるケースがありますので、銀行のサイトや銀行の窓口などで金利を調べると良いと思います。