専業主婦の強い味方!配偶者貸し付けについて

配偶者貸し付けとは

配偶者貸し付けとは、貸金業法の総量規制の例外貸し付けに当たります。
専業主婦や収入が非常の少ない人は総量規制のために貸金業者からはほとんどお金を借りることができなくなったので、その救済措置として側面もあります。

収入が全く無かったり、非常に少ない人でも配偶者に収入があれば、配偶者と収入を合算してその合計の年収の3分の1までは借入をすることができるようになります。

ただし、配偶者貸し付けを利用するためには配偶者の同意と配偶者との婚姻関係を証明する書類を提出しなければなりません。

配偶者貸付けの手続き方法

配偶者貸付制度というのは配偶者の収入と合算して年収の3分の1まで借り入れをできるという制度です。
手続きも配偶者の同意書、配偶者との夫婦関係を証明する書類があれば良いので比較的簡単に手続きができます。

配偶者貸付制度を利用すれば無職の場合でも配偶者の収入が安定していれば年収の3分の1まで借り入れることができるので急なお金の借り入れなどでも収入が低い方、無職の方でも安心して借り入れができるという制度になっています。

主に収入が少ない、専業主婦の方に向けての制度で同意書さえあれば借り入れができ、黙って借り入れなどをしないための制度なので無理のない範囲で借り入れをしましょう。

配偶者貸し付けで必要なもの

配偶者貸付は、貸金業法における総量規制の例外であり、収入の無い専業主婦(主夫)でも『偶者と併せた年収の1/3以下』の融資を受けられる制度です。

銀行のフリーローンやカードローンも配偶者に収入があれば、一定額の融資を受けられ、本人確認書類の提出のみで済みますが、配偶者貸付は全く別なものであり、配偶者の同意書が必要となります。

その他、婚姻関係(事実婚を含む)を証明するため住民票や戸籍妙本、50万円以上の融資であれば収入を証明する書類が必要となります。

基本的には、貸金業法が適用される貸金業者からの融資に多く、銀行カードローンの様に内緒で契約することが出来なくなります。

また、配偶者自体の信用情報も開示されるため、『専業主婦でもOK』と考えず冷静な判断が必要です。

配偶者貸し付けはどこの金融会社でもおこなっているの?