ヤミ金に注意!関わってしまったら?

闇金は金利は天文学的!まともに返済できるわけがない

闇金の金利はどのくらいなのでしょうか。
昔から高利貸しの金利を「トイチ」と表現したことがありました。

これは10日で1割の利息が発生するという意味です。
「トイチ」は言い換えれば1日で1%の利息ということになるので、1年で365%の利息になるということです。
こうなれば、利息制限法も何もあったものではありません。

これはあくまで「トイチ」であって、実際の闇金はもっと悪辣な金利を取っていることの方が普通です。
はたして、365%の何倍もの天文学的な金利をまともに返済することが出来るかどうかは考えれば明らかでしょう。

闇金は違法な存在である

貸金業を営む場合、日本国内では貸金業法に基づいた上、登録許可を受ける必要があります。
そもそも、闇金は貸金業法に則った営業どころか、貸金業の登録を行っており、日本国内では違法です。

また、貸付を行う際には法外な金利を適用し、出資法および利息制限法まで無視していることが問題となっています。
あくまで、法律に則った営業や許可を受けていないことから闇金ということになり、暴力団を含む反社会的勢力への資金流入にも繋がっています。

貸金営業を行う際に適用される法律を全て無視し、反社会的勢力の排除条項も設けていないため、日本国内では完全に違法な存在です。

ただし、利用者は自体は利用してしまっても法律的に守られるため、弁護士や司法書士といった専門家へ相談することがおすすめとなります。

ヤミ金に関わってしまった場合の正しい対策とは

ヤミ金からお金を借りてしまった場合、電話による脅しや嫌がらせ、親類や知人、そして勤務先へ迷惑が掛かる可能性があります。

特に一番怖いものは、生命の危機であり、自分自身や家族へ被害が及ぶことを恐れるものの、実質な被害が無ければ警察が対応できないという、民事不介入の問題が生じます。

しかし、ヤミ金もただのチンピラ集団ではなく、頭のキレる人間がいるため、法律の専門家である弁護士や司法書士へ依頼することで一切の返済を行う義務が無くなります。

先ず、裁判所を関与させることで確実に嫌がらせ行為および取り立てを止めさせることが可能です。
そもそも、裁判所を関与させた場合、ヤミ金は出廷をする必要があり、ノコノコと出廷した場合はその時点で逮捕出来ます。
ヤミ金は、違法な貸し付けおよび利息を請求してくるため、法律に守られることはありません。

弁護士や司法書士が出てきた場合は、直ぐに取り立てを止め、手を引くしかなく、警察自体も実態の捜査に動き出します。
また、銀行口座や電話番号を調査し、利用の凍結を行うため、ヤミ金にとっては非常に大きなダメージとなってしまいます。

ヤミ金が利用するのは、違法に取得された口座を凍結することで被害を抑えるだけでなく、口座内に預けられている現金の引き出しが出来なくなります。

また、銀行側も怪しい口座を監視しているため、ヤミ金自体の撲滅も可能になり、この場合は口座名義人に実態を確認し、組織の尻尾を掴むことも可能です。

ヤミ金というとヤクザ絡みと思いがちですが、詐欺集団と同じケースもあり、巧妙かつ小賢しい手段を取ってきます。
ただし、専門家が出てきたり、警察が関与し始めると捕まることを回避するため、利用者へ近づくことを避けます。

困った場合は、先ず弁護士や司法書士へ依頼するのが一番早い方法です。

ヤミ金も、顧客がまともに返済できないことは承知の上で営業している

ヤミ金は、利用者が返済出来ないこと、銀行や消費者金融から借り入れが出来ないことを承知で、法外な利息を付加し貸し付けを行っています。

返済出来ないことを認識していることはヤミ金も無駄な貸付になると考えますが、そもそもが法律が適用されない存在であり、違法行為を承知で取り立てを行います。

脅しや恫喝、自宅や勤務先への取り立てはヤミ金にとって当たり前のことであり、利用者が財産を売ってでも、そして精神的追い込んででもお構いなしです。

基本的には、利用者の心理を突いて、返済するしかないといった状況に追い込み、何もかも奪い取るといったことが可能であり、返済出来る出来ないは関係ありません。

もし、闇金に困っている場合は弁護士や司法書士、消費者センターなどに相談して対処するのが最優先です。
また、身の危険があるのであれば、警察へ相談し、反社会的勢力としての対処を行って貰うことも可能になります。

闇金は、撲滅するべき対象であり、泣き寝入りする必要がありません。

ヤミ金に返済しないと悲惨な目に合うってホント?

ヤミ金に返済しないと悲惨な目に合うということは、現在では非常に稀なケースです。
非常にひっ迫した状態にあるものの、返済する義務すらなく、生命や家族への影響を気にする場合、弁護士や司法書士、そして警察へ相談すると適切な対応が行われます。

直接的かつ強硬手段に及んでも、警察が介入でき、民事不介入とはなりません。
脅しや恫喝といった行為は、犯罪行為に該当し、警察も逮捕出来ることになります。

また、弁護士や司法書士の場合、ヤミ金に対する効果も強く、末端の構成員から組織の実態を把握し、壊滅させることも可能です。

特にヤミ金が利用する銀行口座を凍結することも可能であり、代表者自体の摘発も可能になり得ます。
ドラマの様に自宅前で待ち構える行為、自宅前で脅す行為などは周囲に目が付き、簡単に逮捕出来ることになります。

090金融も闇金?

貸金業法には貸金業登録時に固定電話の番号を登録する事と広告にその固定電話の番号以外の電話番号を載せてはいけない明記されています。ですから090で始まる番号で貸金業をやっているだけでそれはヤミ金となります。

一般的には090金融は法定利息以上の金利で貸し出しているケースがほとんどですが、仮に法定利息以下の金利で貸し出していても090金融は全て法律違反のヤミ金とされます。

以前はプリペイド携帯を用いて090金融はおこなわれていましたが最近では転送を用いるケースが目立ち始めており注意が必要です

押し貸し屋もヤミ金?

押し貸し屋は、基本的にヤミ金であり、銀行口座情報が悪用されていたり、融資契約も行っていないのに勝手に貸し付けを行い、利息を含めた返済を迫る業者です。

ヤミ金を利用してしまい、銀行口座を教えてしまうと身に覚えのない金額が振り込まれてしまいます。
この場合、銀行口座情報が流出しているため、速やかに弁護士や司法書士へ相談の上、銀行口座の解約や振り込み元の口座凍結を行うのがおすすめです。

ただし、絶対に振り込まれた現金に手を付けてはいけません。
あくまで、融資は契約を行った上で成り立つものであり、契約書が無いものは無効となります。
特に押し貸し屋の場合、現金の調達に苦しんでいる人をターゲットにし、個人情報を悪用してくるため、気付いた時点で速やかに対処すれば問題にはなりません。

ですが、勝手にヤミ金が銀行口座を他利用者の返済口座として利用していることがあるため、不審に感じた際は取引履歴の開示請求を銀行に行うのも忘れてはいけません。

この構図は、ヤミ金が銀行口座を不正利用し、他人の返済を口座に振り込ませ、さらに貸し付けを行う悪質な行為です。
2次被害ではあるものの、給与振込口座や預金口座の場合、大きなダメージとなるため、取引明細を見ると実態が把握できます。

おまとめローン希望の人は借金の一本化業者に注意!

おまとめローンを検討している方で、大手消費者金融ではなく、中小貸金業者を利用する場合は借金の一本化業者へ注意する必要があります。

一本化業者と言っても、実態は貸金業者であり、自社ではおまとめローンとして融資せず、他社のローンを斡旋し、仲介料を取るという業者になります。

基本的には、ローンでの融資する気が無く、借金で困っている人から高額な仲介料金を搾取し、自分だけ得をするといった行為であり、斡旋を受けた場合は貸金営業の許可わ出す機関へ通告することが重要です。

大手消費者金融や中堅消費者金融ではこのような行為は基本的にはなく、小さな貸金業者の場合には要注意です。
一本化業者の場合、悪徳消費者金融と関係しており、お互いに美味しい思いをすることで営業をしています。