カードローンと保証会社の役割と関係

カードローンを申し込もうとすると必ず目にする条件が、「保証会社の保証を受けられる人」というものです。

保証会社とはそもそもどんな会社なのでしょうか。

実は、カードローンの保証会社は消費者金融が担っています。

ではなぜ消費者金融がカードローンの保証をしているのでしょうか。

ここでは、カードローンと保証会社の役割と関係を詳しく解説します。

消費者金融が銀行のカードローンの保証会社になっている理由

銀行が消費者金融にカードローンの保証を頼む理由は、主に二つあります。

一つめは、カードローン申し込み者の信用評価を消費者金融にもさせるためです。

銀行はカードローンのような少額融資の経験が浅く、申し込み者の信用評価を的確に下すことができません。

一方で消費者金融は少額融資の経験が豊富で、貸出や取り立てのノウハウが蓄積しています。

二つめは、消費者金融が加盟している指定信用情報機関の情報を使うためです。

指定信用情報機関は、申し込み者の借り入れ状況や事故記録という重要な信用情報を持っています。

しかし、銀行は貸金業者ではないので、指定信用情報機関に加盟できず、信用情報の照会ができません。

そこで、それが可能な消費者金融に代わりに照会してもらっているのです。

同じ保証会社は避けるべき?

審査に落ちたカードローンと同じ保証会社のカードローンへの申し込みは、まず見込みがないと思ってください。

保証会社は最終的な債権者になります。

従って審査における保証会社の役割は、カードローン発行元よりも重要です。

確実にカードローンを手に入れたいのなら、保証会社の異なる2つのカードローンに同日中に申し込みましょう。

そうすれば、2社とも申し込み履歴のない状態の信用情報を照会して審査することになります。

代位弁済とは?

代位弁済とは、お金を借りた人が返せなくなった場合に保証人が代わりに返済することです。

カードローンの場合は、保証会社が銀行に対して借入残高を一括返済します。

そうなると今度は保証会社が債権者となり、お金を借りた人に督促をして取り立てていくことになります。

双方にメリットがある

カードローンと保証会社の関係は、双方にメリットがあります。

カードローン側としては、最終的なケツを保証会社が持ってくれるので、貸し出したお金が返ってこないという心配がありません。

保証会社側はカードローンの保証をすることで保証料を受け取れます。

また、銀行のカードローンを利用している人は消費者金融で多重債務に陥っている人よりも収入が安定していることが多いので、代位弁済したお金を回収しやすいのです。

おまとめローンの審査に強い保証会社はどこ?

銀行のおまとめローンを契約する際、無担保そして保証人不要のところがほとんどです。

その際、申し込みに必要なのが保証会社の保証を受けられることです。

しかし、気になるにはどの保証会社が審査に強いかということであります。

では、実際に保証事業に強い保証会社はどのような会社であるかというと、少なからず金利が低いことが目安となります。

銀行の提供するおまとめローンでは金利に保証料が加算されており、この金利が低いということはおまとめローンの保証料に大きく影響します。

実際に、金利が高いまたは保証会社のいないおまとめローンについては、高額な利息が発生します。

そこで、おまとめローンを契約する際は、消費者金融で有名な企業が保証事業で提携していることが重要なポイントとなります。

そもそも、現在では銀行のおまとめローンにおいては消費者金融で有名な企業が保証事業を行っていることがあからさまな事実です。

具体的に言うとおまとめローンに強いのがオリックス銀行カードローンです。ここは保証会社がオリックス・クレジット株式会社と新生フィナンシャル株式会社が入っていますが、どちらもおまとめに強く、審査ノウハウも蓄積されていますので安心して利用できます。

また、メガバンクの中では比較的三井住友銀行がおまとめに強く、積極的に貸し出しています。