おまとめローンは総量規制対象外?

総量規制は2010年の改正貸金業法で完全施行された貸金業者に融資の制限を設ける制度です。

具体的には融資の希望者には年収の三分の一までしか実施されないことになります。

各種ローンを契約する際、今では貸金業法に定められる総量規制すなわち『年収の1/3までの融資』に該当してしまいます。

この法律は、かつて消費者金融が消費者の返済能力を上回る貸し付けを行った問題や高金利により膨大な利息を発生といった問題により制定されています。

事実、この法律が制定される前に自己破産者が増えたことや制定以降にも過払い金返還請求により、貸金業者自体が経営破たんするケースも生じています。

そして、この総量規制は消費者を守る法律でありながら、不便な側面もあり、希望通りの融資を受けられないといったことから、複数社のカードローンを契約してしまい、異なる金利や返済日により、家計を圧迫することもあります。

そこで魅力的な金融商材として、おまとめローンが銀行および消費者金融、そして信販会社からも提供されることとなりました。

おまとめローンは、確かにローンですが総量規制対象外のローンとなります。

つまり、年収300万円の人が借り入れ出来る上限額100万円を超える融資を受けることが出来ます。

特に銀行系おまとめローンについては貸金業法が適用されないため、各種ローンの一本化やクレジットカードのリボルビング支払いに該当するものまでまとめることが出来ます。

そして、消費者金融や信販会社のおまとめローンについても、『貸金業法に基づく借り換えローン』として位置付けされており、総量規制の対象外となります。

ただし、この場合においておまとめできるものは、貸金業法が適用されローンやクレジットカードのキャッシング枠に限定されてしまいます。

毎月の返済額を減額できる可能性があるため、複数社からの借り入れを行っている場合は、おまとめローンの検討をおすすめします。