おまとめローン、債務整理をするとブラックリストに載るのか?その期間は?

「月々の返済が厳しい……おまとめローンか債務整理のどちらかしないともう無理だ……」

多重債務に陥ると生活すらできなくなり、おまとめローンで月々の返済を減らすか、債務整理で抜本的な解決を図ることを迫られるようになります。
しかし、どちらにするにせよ、メリット、デメリットが分からないことには決断は難しいと思います。

ここでは、おまとめローンと債務整理(任意整理・特定調停・個人再生・自己破産)のメリットとデメリットをそれぞれまとめました。
参考になさってください。

おまとめローンのメリット、デメリット、ブラックリストに載るか?その期間は?

おまとめローンにするメリット

  • 毎月の支払金額が減る
  • 金利が安くなる
  • 返済総額が少なくなる
  • 支払いが一本化されるので、すれば返済日が統一され、うっかり返済忘れする危険が減る

おまとめローンのデメリット

  • 完済した業者から再び借りられるようになるため、再び多重債務に陥る可能性があります。誘惑に負けない強い覚悟が必要
  • 毎月の返済額を極端に少なくし過ぎると返済が長期化し、その分利息がかさんで返済総額が前よりも増えてしまう場合がある

おまとめローンでブラックリストに載るか?

おまとめローンに乗り換えてもブラックリストには載りません。
しかしながら、おまとめローンの返済遅延を繰り返したり、返済不能になればブラックリストに載ることになります。
期間は、返済の延滞が解消されてから5年間です。

任意整理のメリット、デメリット、ブラックリストに載るか?その期間は?

任意整理は借金の当事者同士(債権者と債務者)が話し合って返済内容や方法を決め直すことです。
借りた本人による交渉は困難なので、弁護士や司法書士に代理になってもらうのが一般的です。

任意整理のメリット

  • 返済額が減額されたり利息が免除されたりする

任意整理のデメリット

  • 代理になる弁護士や司法書士に費用(10~50万円)を支払う必要があります。代理を立てずに自分で交渉することも可能ですが、素人が交渉すると不利な契約をさせられる可能性が高いのでおススメできません。
  • 債務者が任意整理に応じる義務はありません

任意整理でブラックリストに載るか?

任意整理をすればブラックリストに載ります。
掲載期間は、ブラックリストへの登録日から5年間です。
ブラックリストに登録されるのは、早ければ任意整理の合意がされてすぐですが、遅い場合は返済が完了した後です。
いつ登録されるかは金融機関によって異なります。
従って、最長で返済が終わってから5年間経過するまでブラックリストに載っていることになります。

特定調停のメリット、デメリット、ブラックリストに載るか?その期間は?

特定調停とは、裁判所を介して借金の当事者同士(債権者と債務者)が返済内容や方法を決め直すことです。

特定調停のメリット

  • 裁判所を介するので債務者が債権者と交渉する必要がなく、手続きも難しくないので素人でも可能
  • 弁護士や司法書士に代理を頼む必要がなく、費用は1社あたり500円と非常に安い
  • 特定調停の申し立てをすると、債権者からの取り立ては止まる
  • 支払い過ぎていた利息があれば、計算し直されて返済額が減額する場合がある

特定調停のデメリット

  • 指定された日に裁判所に何度か通う必要がある
  • 調停成立後に支払遅延があると差し押さえを受ける可能性がある

特定調停でブラックリストに載るか?

特定調停を申し立てるとブラックリストに載ります。
期間は任意整理同様に最長で完済後5年間です。

個人再生のメリット、デメリット、ブラックリストに載るか?その期間は?
個人再生は任意整理と自己破産の中間のような制度で、借金を減額する制度です。

個人再生のメリット

  • 借金が約5分の1に減額される
  • 自己破産と違って家や車を手放す必要がない
  • 債権者による給料の差し押さえなどの強制執行が無くなる

個人再生のデメリット

  • 返済を続けていける収入がないと手続きできない
  • 住所氏名が「官報」に掲載される

個人再生でブラックリストに載るか?

個人再生の手続きをするとブラックリストに載ります。
期間は、ブラックリストを管理しているシー・アイ・シーと日本信用情報機構では5年ですが、全国銀行個人信用情報センターでは10年です。
しかしながら、個人再生の場合は全ての信用情報機関で情報が共有されるため、最長の10年は残ると考えておく方が良いです。
また個人再生の場合は完済してからブラックリストに登録されることが多いです。
従って、ブラックリストに載っている期間は完済してから10年後まで考えた方が良いです。

自己破産のメリット、デメリット、ブラックリストに載るか?その期間は?
自己破産は、「破産申立書」を裁判所に提出し、借金をゼロにしてもらう手続きです。

自己破産のメリットは

  • 全ての借金が無くなる
  • ある程度は自分の財産を手元に残すことができる

自己破産のデメリットは

  • クレジットカード、ローン、キャッシングの利用が5~10年間できなくなる
  • 住所氏名が「官報」に掲載される
  • 連帯保証人に借金を背負わせることになる。自己破産の場合、連帯保証人もつられて自己破産するケースも多い

自己破産でブラックリストに載るか?

自己破産するとブラックリストに載ります。
期間は個人再生と同じで、登録されてから最長10年です。
自己破産の場合は裁判所の免責許可が下りてからブラックリストに登録されます。