新生銀行カードローン レイクでおまとめする



レイクにはおまとめで返済専用になる完済応援プランがあります。
完済応援プラン概要

融資額 300万円まで
貸付利率(実質年率) 13.00%~17.00%
遅延損害金(年率) 20.00%
申込みいただける方 レイクと契約のあるお客さまで、安定した収入のある方
※パート・アルバイトの方は除く
返済方式 最長8年 1~96回
※相談のうえ、返済回数を設定いたします
担保・保証人 不要
申込み方法 電話
契約方法 自動契約機
契約に必要な書類 本人確認書類、直近の収入を証明する書類
※源泉徴収票、所得証明書など

利用条件

満20歳以上~65歳以下の安定した収入がある人で、レイクと契約がある人が対象となっている借換ローンです。借換ローンを利用したいのであれば、まずはレイクと契約を結ばなければなりません。

融資までの期間

比較的スピーディーですが、利用者がお金を借りている金融機関にレイクが直接返済金額を振り込む形式なので、自分自身の手に現金が渡ってきませんので、スピーディーさはそこまで重視する必要はありません。

審査はどう?

限度枠は300万円。審査は比較的緩いです。元々レイクが比較的審査が甘い事で知られていますが、借換ローンに関しても同様です。満20歳から65歳以下であればアルバイトやパートであっても申し込み可能となっていますが、この条件を見ても分かるように、レイク側としても「いろいろな人に申し込みしてもらいたい」と思っているのです。

借換ローンをすることで信用情報にキズがつきますか?

借換ローンへの申し込み並びに利用では信用情報には傷はつきません。ですが、支払が滞ると信用情報に傷がつきます。特に借換ローンの場合、返済していくのみです。カードローンのように、返済して残高に余裕が出来た分は借りれるシステムではなく、代わりに支払ってもらった額を毎月返済していくだけですので、ある程度余裕を持って支払いプランを考えるべきです。

借換ローンの審査に落ちる人と通りやすい人の特徴

審査に通りやすい人は簡単に言えば経済力の高い人です。より具体的に言えば、自分の使えるお金が多い人です。分かりやすく説明すると、例えば独身で実家に住んでいる人と、子供もいて借家に住んでいて、更に他にもローンを抱えている人とでは、同じ収入でも自分が使えるお金、「可処分所得」がまったく違いますので、審査に通過しやすいのは前者になります。

職業に関しても安定性が問われます。同じ額面でも公務員であれば、「倒産」というものがありません。ですがフリーランスや自営業者の場合、その額を維持する事が出来るのかという問題が出てきますので、こちらも結果的には公務員の方が審査に通りやすくなりますし、名前の知れた大企業の方が倒産リスクや未払い等も起こり得ないと判断されますので、審査には通りやすくなります。

自由業ではあっても弁護士や医師といったハイステータスであれば審査にも通りやすいのですが、現実的にそれらの人々が借換ローンを利用するのかという面もあります。

また、大前提としてブラックリストに名前が記載されてしまっている場合には残念ながら審査に通過するのはほぼ不可能と考えてよいでしょう。
この場合、医師や弁護士といったハイステータスではあっても残念ながら審査が通過する事はありません。
ブラックリストに掲載されているというだけで、審査に通過しませんので、ブラックリストに名前が掲載されてしまっている人は残念ながら諦めるしかありません。

返済期間は?

返済期間は最長8年・96回です。こちらの期間や回数は相談に応じてくれるとの事で、借入額次第で返済計画が変わりますが、レイクの借換ローンは先にもお伝えしたように返済のみです。「今月は少しピンチだからちょっと借りる」が出来ませんので、返済期間は余裕を持って設定した方が良いでしょう。