ライフティ(RYFETY)のおまとめローンのポイントは?

2016y11m29d_095232218

ライフティ(RYFETY)のおまとめローンの概要

融資額 ~300万円まで
貸付利率(実質年率) 8.0%~18.0%/td>
利用いただける方 ・ほかの貸金業者からの借入金返済を希望の方
・安定した収入のある方
・融資時の年齢が満20歳以上69歳以下の方
・本人確認書類、収入証明書、他社借入書類を提出できる方
・インターネットから申し込める方
返済方式 元利均等返済方式(約定日制)
担保・保証人 不要
使いみち 他社借換え
保証会社 自社
遅延損害金(年率) 20.0%
契約方法 インターネットなど
契約に必要な書類 本人確認書類、収入証明書(お借入額による)、他社借入書類
返済日 毎月27日(土日祝の場合は、翌営業日)
返済方法 口座振替(口座引き落とし)※本人名義に限る
融資形態 証書貸付
事務手数料 融資残高が10万円以上のご融資を全額返済する場合は、繰上返済手数料として3,240円が必要

ライフティ(RYFETY)のおまとめローンの特徴

ライフティ(RYFETY)のおまとめローンですが、貸金業者からの借り入れのみを一本化出来る『貸金業法に基づくおまとめローン』となります。

特に目立った特徴としては、銀行のおまとめローンやフリーローン、カードローンに比べ金利が高く設定されており、金利14~15%に対し最大18%と非常に高くなっています。

また、大手消費者金融でもおまとめローンの場合は、金利が14~15%の商材が多く、ライフティ(RYFETY)のおまとめローンについては銀行及び消費者金融での借り換えが出来なかった方におすすめとなります。

ただし、全ての人におすすめ出来るおまとめローンではなく、あくまで借り換えにより将来利息の見直しが可能な方に限定されます。

その他、多重債務状態でも返済に余裕があり、借入先の件数を減らせる見込みのある方にはおすすめは出来ません。

追加の借り入れは可能?

残念ながら、ライフティ(RYFETY)のおまとめローンは返済専用となっており、追加借り入れは出来ません。

この点については、公式サイトの注意事項に『計画的なご返済を支援することを目的とした商品』と記載されており、その後には『返済のみ』であることが明記されています。

そもそも、おまとめローンはカードローンとは異なり、返済期間が設定されており、計画的な返済が必要なローン商材です。

あくまで、借り換えにより効率的な返済を行うことで、家計に負担を少なく返済を行うことが目的となります。

また、返済は自分の手を経ずに直接ライフティが借入先に返済してくれます。

返済金額は基本的にそのままで、金利の見直しや返済先の一本化が目的ですが、ライフティ(RYFETY)のおまとめローンは金利が最大18%と非常に高いため、おまとめローンとしての魅力は低くなっています。

借り入れまでに何日くらいかかるの?

ライフティ(RYFETY)のおまとめローンですが、借り入れまでの流れはあるものの、実際にどれほどの日数を要するか不明です。

しかし、この流れからおまとめローンの手続き完了までの日数を想定することが出来る上、契約者自身は借入先に直接返済する必要がないため、カードローンのようにカード待ちは不要です。

先ず、審査申し込みはWEBのみであり、身分証明書もアップロードするだけで24時間365日申し込みが出来ます。
審査自体については、1~2営業日程度で電話通知は一般であるものの、ライフティ(RYFETY)で時間が掛かるのが書類の送付と返送です。

ここだけで、約4日間を要してしまい、受け取り後直ぐに郵送と考えていも中1日を考慮する必要があります。
ライフティ(RYFETY)のおまとめローンは、審査時間やカード発行や振り込みというよりも、郵送という交通状況に影響されやすい手段を用いているため、1週間から10日程待つこととなります。

ライフティ(RYFETY)のおまとめローンは総量規制の対象外?

ライフティ(RYFETY)のおまとめローンは、『貸金業法に基づくおまとめローン』となっており、貸金業者からの借り入れであれば総量規制対象外となっています。

この点については、公式サイトの注意事項にも明記されており、貸金業者(みなし貸金業者含む)からの借入債務に限定されています。

そのため、銀行からの借り入れやクレジットカードのショッピング枠をおまとめすることは出来ません。

それ以外の注意点としては、金利に対する記載がされておらず、あくまで契約時に金利が設定されるため、折角おまとめローンで返済先を一本化したとしても、金利が高くなる可能性があります。

基本的に消費者金融カードローンの最大金利は18%となっており、少額の借り入れを一本化しても、将来的に発生する利息は変わらない可能性が非常に高いです。

そのため、先ずは銀行のフリーローンやカードローンでおまとめを検討するのがおすすめです。

口コミ

< 申し込みの流れ>

STEP1:インターネットから申し込み

STEP2:仮審査の結果の連絡(メール)

STEP3:書類送付、返送

STEP4:契約関係書類送付

STEP5:融資(借入先に振り込み)