じぶん銀行カードローンでおまとめ!

じぶん銀行カードローンでおまとめ!

じぶん銀行カードローンは借り換え・おまとめOKとはっきりと打ち出してくれていますので、借り換えやおまとめを考えている人にとっては安心できます。

提携ATMの手数料が無料!

じぶん銀行は提携ATMの手数料がかかりません。しかも三菱東京UFJ銀行・セブン銀行ATM・ゆうちょ銀行・E-net(ファミリーマート、サークルKサンクスなど)
ローソンATMと提携金融機関が幅広く日本全国ほとんどのエリアで無料ATMを使うことができます。

auユーザーなら借り換えコースがかなりお得!

じぶん銀行カードローンでおまとめを考えている人であれば最初の質問で全てが解決するくらいです。
「お兄(姉)さんはauユーザーですか?」もしくは「auひかりを使ってますか?」
これがYESの人であればauIDを作成できますので、金利が年1.9~12.5%の借り換えコースの恩恵を受けられるので俺としてもおススメできます!
だけど、NOの人であれば金利が年3.4~17.5%となってしまい、消費者金融とあまり変わらないくらいの金利になってしまうのが残念です。

借り換えコースの金利は?

他社からの借り換えで金利は年3.4~12.5%です。

必要書類

じぶん銀行の口座を持っていて、借入額が300万円以下なら書類提出なしで申し込みが可能です。
じぶん銀行の口座を持っていない場合でも本人確認書類だけで口座開設もカードローン申し込みもできます。

認められる本人確認書類の種類も豊富で
・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
・マイナンバーカード
・住民基本台帳カード(顔写真付きで共通ロゴマーク・QRコード付きのもの)

収入証明書

収入証明書は限度額300万円以下は原則提出不要です。

収入証明書は以下のいずれかが必要です。
・源泉徴収票(前年度分)
・住民税決定通知書(前年度分)
・地方公共団体の発行する所得証明書(課税証明書)
・給与明細2か月分(発行が3か月以内)
こちらをスマホやfax、郵送で提出します。

カードローンau限定割りの借り換えコースを利用できる条件は?

au IDを登録することが条件です。その際に、利用されているauの携帯電話や固定通信サービスを設定する必要があります。
au携帯電話、ケーブルプラス電話、Smart TVBox、J:COM PHONEプラス、auひかり、auひかりちゅら、au one net(「フレッツ光」コース、「コミュファ光」コース、WiMAXコース)のいずれかのサービスを受けていれば大丈夫です。
借り換えコースは限度額100万円を超える方のみが対象になっているので、審査の結果、限度額が100万円以下に設定されてしまうと通常のカードローンの金利が適用されます…。
こうなると実質年率は2,4%~17,5%に跳ね上がってしまいます。

まとめ

何らかの形でauを利用しているユーザーで借り換えかおまとめを希望していて100万円以上の限度額をもらえそうだという人にはいいカードローンだと思いますが、それ以外の人にとってはちょっととっつきにくい印象です。