おまとめローンで借金一本化

おまとめローンとは

おまとめローンとは、複数の金融機関からの借金を、借り換えによって一本化する方法です。 銀行カードローンや大手の消費者金融が、こういったプランを提供しています。多重債務解決のひとつの手段です。おまとめローンには多くのメリットがありますが、デメリットもありますのでしっかりと理解しておくことが大事です。

おまとめローンのメリット

  • 複数日あった返済日を毎月1回に出来る
  • 毎月の返済額の合計を抑えられる
  • 金利を低く抑えられる
  • 完済までの期間と返済総額を抑える事が出来る
  • 借入残高がわかりやすい

おまとめローンのデメリット

  • 完済までの期間と返済総額が増えるケースがある
  • 金利が下がらないケースがある

おまとめローンのメリットをデメリットを比較して

おまとめローンをお考えの場合は、具体的な目的を考えてください。

「毎月の負担を減らしたい」「今の借金苦から抜け出したい」など漠然とした考えの方ガ多いようですが、「完済はいつか」「返済総額にいくらになるか」などを考えるべきです。

おまとめローンの利用が得か損かは、現在の借金の元本・金利・返済状況などの具体的な数字を元にシミュレーションで判断することができます。

シミュレーションの結果で支払総額が増えても、毎月の返済が減ったほうが良いと考えもありますので、単にデメリットだけではありません。

おまとめローンは、こういったデメリットが発生するケースがありますが「返済日を毎月1回」になることは多重債務に苦しむ方にとっては強い味方になります。

また、おまとめローンは即日融資に対応できないということもデメリットです。
借入をまとめるという性質上、借り入れ金額も大きくなりますので審査にも時間がかかってしまいます。
お急ぎの場合は借り換えのローンであれば即日融資や即日審査にも対応していますので利用されてはいかがでしょうか?

おまとめローンは総量規制の対象外

おまとめローンが総量規制の対象外であるのは、おまとめローンが顧客が一方的有利になる借り換えだからというのがあります。どういうことかと言うと、毎月の返済額、借入残高や返済総額が少なくなるということです。

そのため、総量規制によって年収の3分の1以上の貸付けが禁止されている消費者金融でも、おまとめローンのみ例外となり、年収の3分の1を超える融資を受ける事が出来ます。

ここで注意しておきたいのは、専業主婦の場合はおまとめローンを利用出来ないという事です。限度額内であれば、借り換えのみ可能となります。

消費者金融のおまとめローンと銀行カードローンでおまとめすることの違い

消費者金融のおまとめローンは目的別ローンの一種であり、銀行カードローンは無目的ローンの使い方として借り換え、またはおまとめを選ぶという違いがあります。

消費者金融のおまとめローンは借り換え専用なので一括借入しかできず追加融資を受けることはできませんし、借り換えに利用するという事を証明するための書類が必要となります。

一方で銀行カードローンは無目的なんで借り換え後に追加融資を受けることもできますし、審査で求められる可能性はありますが基本的に借り換え用途を証明する書類は必要ありません。

おまとめローンが向いてる人と、向かない人

返済しても返済しても借金が減らない…
おまとめローンと言えば借入先が複数になってしまって利息で身動きが取れなくなってしまった時に1か所にまとめてしまって返済していく利用者にとってとてもありがたい神のようなローンです。

金利が安くなるほど審査も厳しい!

これはおまとめローンに限った話ではありませんが、金融業界の鉄則の通り金利が安いところほど審査に厳しくなかなか通過することができません。

おまとめローンに向かない人!

おまとめローンは債務整理とは違い、返済を楽にするためのローンです。
複数の借入先を一つにまとめることで心理的な負担を減らし、金利や返済期間を見直すことで支払いの負担を減らすメリットがあります。

ですが、デメリットとして返済オンリーになってしまうので、新たに借り入れしたい場合などはできません。

借り換えローンもある

おまとめローンは返済専用のローンなので組んだ後は新たな借り入れができませんが、そこまでしたくないという方には借り換えローンがおススメです。

金利の安い方に借り換えるというだけの話ですが、少しでも金利は安い方がいいですし、同じ金額を返済した場合でも元本が多く減るのはとてもありがたいことです。

審査の甘いおまとめローンは危険?

通常のカードローン契約でも、おまとめローンでも審査が甘いというのは危険な証拠です。

そのローン会社はいわゆる「ヤミ金」である可能性が高いローン会社です。

ヤミ金からお金を借りてしまうと法外な利息に苦しんだり異常な取り立てが来て生活がどうしようもない所まで悪化してしまう可能性が高いですから絶対にヤミ金に手を出さないようにしましょう。

無知なままでヤミ金に手を出してしまうのはヤミ金業者からしたら絶好のカモです。

それを避けるためにも名前を聞いたこと無いような業者や審査が簡単等と謳うローン会社とは絶対契約しないようにしましょう。苦しむのはあなた自身です

おまとめローンに向いている人!

複数社からの借入があり、返済に追われてしまっている人には大いに助けになります。

月に何度も返済日がくるのでは金銭的な負担ももちろんのこと、気持ちが休まることがありません。
返済するための管理だけで大変で精神的に消耗してしまいます。

おまとめローンを利用することによって金利も下がりますし完済までの道筋が見えてくることで精神的にも楽になります。

おまとめローンの審査に通れば既存の借入先への返済(完済)は代行してくれるの?

返済を代行するかどうかは会社の方針と融資先の対応によるので一概には言えませんが、基本的に金融機関が返済を刷るということを条件としている会社がおおいです。

おまとめローンは借り換え専用の融資ですので、他の目的に使うことはできませんししてはいけません。

ですから金融機関が利用者に代行して返済をしても問題ありませんし、基本的にはネット返済などを利用して金融機関側が完済すると言うかたちになります。

銀行系カードローンを利用する場合は、無目的ローンを自分で借り換えにつかうという形になるので自分で返済します。

おまとめローンは既存の借り入れの全額をおまとめできない場合もある?

おまとめローンと言っても審査があり返済ができないと判断される金額の貸付を行っておりません。

ですからおまとめローン利用しても全額をまとめることができるとは限らず、一部の融資のみまとめると言う事になる場合があります。

その場合でも金利が低ければ支払額的にはお得になるので、できればおまとめをするようにしましょう。

またもちろんですが貸し付けても返済できない、と判断された場合は審査不合格と言うことでおまとめローンを利用できません。

その場合は返済をすすめるか、債務整理ということに成ってしまいます。

メリットとデメリットは表裏一体

おまとめローンのメリットとして金利が下がって返済が楽になるってことが言われています。

けど申込む金額が上がることによって肝心の審査が可決されづらくなったり、審査に時間がかかってしまうというデメリットも発生してしまいます。

また、これが一番の問題かもしれませんが、返済期間が間延びしてしまって、せっかく金利が下がっても総額での支払金額が増えてしまうといったこともあります。

あまり返済期間が長すぎてもそれはそれで苦しいです。
その長期間の間には新たに借りたいときも絶対出てきますから。

そこでまた借りてしまってはまたチャリンカーに逆戻りしてしまうので自分の返せる金額、期間でばっちり返していけるように計画を立てましょう。

おまとめローン後も借金が減らないようなら債務整理することも考えた方がいい

おまとめローン後も借金が減らないようなら、債務整理を考えるという方法ですが、おまとめローンを契約する段階での計画性に注意が必要です。

そもそも、おまとめローン自体で借金が減るのではなく、総返済金額すなわち利息分が減るということになります。

また、返済先が一本化され、少額返済が可能となってしまうことから、見た目上は毎月の返済額が減額されている錯覚を起こしてしまいます。

しかし、おまとめローンを申し込む時点で、毎月の返済額を減らすだけが目的である場合は、債務整理することがおススメです。

さらに、おまとめローンで借金が増えるような場合、返済計画が破たんしている状態にあるため、自己破産や個人再生を行うのが最良の方法となります。

金融ブラックリストになっている場合はおまとめローンよりも債務整理

金融ブラックリストになっている場合、銀行や大手消費者金融のおまとめローンは手遅れであり、債務整理を検討する必要があります。

そもそも、金融ブラックリストの正体は個人信用情報機関に登録されている取引履歴に支払遅延や滞納があるということです。

その結果、発生日から5年以内の期間は事故履歴が残っており、ローン審査の結果に大きく影響します。

銀行のおまとめローンなら大丈夫と考える場合もありますが、現在では保証業務を消費者金融や信販会社が行っているため、審査が通過出来なくなります。

おまとめローンが出来なければ、もはや債務超過状態となり、給与や財産の差押といった強制執行が行われる可能性があり、速やかに債務整理手続きを行う必要があります。

おススメのおまとめローン

SMBCカードローン

三井住友銀行カードローンは「即日審査可能」「最短30分で回答」でおまとめローンとしても大活躍!スピード性と低金利を兼ね備えています。申込時には三井住友銀行口座が無くてもOK! 契約極度額が300万円以下なら収入証明書が不要で、原則本人確認書類のみで申込みができます。

審査 最短30分
融資 最短即日
実質年率 年4.5%~14.5%
限度額 800万円
最低返済額 10,000円
無利息 なし
総量規制 対象外

オリックス銀行カードローンは限度額最高800万でおまとめローン向けの銀行カードローンです。公式ホームページでもおまとめ、借り換えOKを明言しているので気軽に申し込め、ます。 また、原則収入証明書不要での限度額は300万と銀行カードローンの中でもトップクラス。審査は最短で「即日対応」、融資に関しては「契約(完了)後、最短即日融資(可能)」となります。

審査 最短即日
融資 契約(完了)後、最短即日融資(可能)
実質年率 年1.7%~17.8%
限度額 最大800万円
最低返済額 借入残高が30万円以下:7,000円
無利息 なし
総量規制 対象外

三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」は大手だから安心の低金利でおまとめローンにも最適、最高500万円まで借り入れ可能。 インターネットで24時間申込受付中!最短30分で即日カード発行可能です。 ※審査結果の連絡は9時~21時(土・日・祝日は9時~17時)申込受付時間、審査状況によって審査結果の回答が翌日以降になる場合があります。

審査 最短30分
融資 最短即日
実質年率 年1.8%~14.6%
限度額 500万円
最低返済額 1,000円
無利息 なし
総量規制 対象外

みずほ銀行カードローンは銀行口座を持っていれば最短即日融資も可能。限度額は最大1,000万と業界最大。 エグゼクティブプランなら金利は高くても年率7.0%とかなりお得でおまとめ目的で利用するには最適のカードローン。※コンフォートプランなら3.5%~14.0%

審査 最短60分
融資 最短即日
実質年率 年3.0%~14.0%
限度額 1,000万円
最低返済額 10,000円
無利息 なし
総量規制 対象外
最短1時間融資

即日でお金が必要になったときはプロミスがおすすめ! 平日でも土日でもいろんな場面でプロミスは使えます。平日14時までにWEB契約が完了すると即日で振り込みが可能で申込みを頂いてから最短で一時間での融資が可能なのは業界最高水準。 平日14時を過ぎていてもWEBで申込して審査完了後、最寄のプロミス自動契約機でキャッシングが可能!

審査 最短30分
融資 最短即日
実質年率 年4.5%~17.8%
限度額 500万円
最低返済額 2,000円
無利息 あり
総量規制 対象